助産学科
HOME > 助産学科 > カリキュラム

カリキュラム

助産学科 カリキュラム

科目の構成概念図

高崎市医師会看護専門学校・助産学科カリキュラム

助産学科・科目の構成概念図をPDFで開く

履修単位数・時間

授業科目 単位数 時間数
基礎助産学 助産学概論 1 30
科学的思考・認識論 1 15
生殖生命倫理学 1 15
母子の心理・社会学 1 30
リーダーシップ論 1 15
基礎助産学Ⅰ(妊娠期) 1 15
基礎助産学Ⅱ(分娩期) 1 15
基礎助産学Ⅲ(産褥期) 1 15
基礎助産学Ⅳ(新生児期・乳幼児期) 1 15
助産診断・技術学 助産診断・技術学Ⅰ(妊娠期) 2 60
助産診断・技術学Ⅱ(分娩期) 2 60
助産診断・技術学Ⅲ(産褥期・ウィメンズケア) 2 60
助産診断・技術学Ⅳ(新生児期・乳幼児期) 1 30
健康教育学 2 60
地域母子保健学 1 30
助産管理学 2 60
助産学研究 2 60
助産学実習 助産診断・技術 9 405
地域母子保健 1 45
助産管理 1 45
合計 34 1080

履修単位数・時間表をPDFで開く

4月に入学後、7月までは学内で講義・演習を行い、助産の基礎的知識を習得します。8月の夏季休業中に実習準備を行い、9月中旬から12月は助産学実習となります。1月には実習のまとめを行い、2月の国家試験に向けて集中的に学習を行います。

実習について

9月から12月の4ヶ月にわたって、助産学実習を行います。分娩介助10例のほかに、妊娠期・産褥期・新生児期のケア、集団への健康教育、女性のライフサイクル各期におけるケア、ハイリスク母児の見学実習、地域母子保健実習、宿泊での助産所実習と内容は多岐にわたります。実習の課題を達成するため、昼夜なく実習に臨みます。

助産学科 時間割

授業は原則として10時から17時15分ですが、グループワークや演習準備等で始業前や授業終了後に学校内で学習することも可能です。

講義予定表

講義予定表(4月)をPDFで開く

お問い合わせ

助産学科 直通電話番号

0273603300

受付時間 9:30~17:30