准看護学科
HOME > 准看護学科

准看護学科 学びの特色

働きながら学び、資格を取得

生徒のうちから医療現場や患者さんとの接し方に慣れ、資格を取ってからスムーズに対応することができます。
働きながら学校に通えるため、学費への心配が少なくなります。

教育研修1教育研修2

看護学科への推薦制度

当校(本校)には看護学科もあり、一定の条件を満たせば看護学科への推薦を受けることができます。

サポート体制

  • 卒業までの2年間、クラスも担任も持ち上がりのためコミュニケーションが取りやすいです。
  • 学校生活について、卒業後の進路についてなどの相談も、担任が親身になってサポートしてくれるので、一人で悩むことはありません。

オープンスクール

オープンスクールで体験学習ができます。また教員との個別相談・在校生との交流の場があり、不安や疑問を解決することができます。

オープンスクール1オープンスクール2

過去問題の提供

過去4年間の入学試験過去問題を1,000円で提供しています。
(模範解答については公表していないためご了承ください)
過去問題をご希望の方は学科事務局(学科直通:027-363-3555)までお問い合わせください。

就学支援制度

群馬県からの修学資金制度など種々の就学支援制度があります。
詳細は、学科事務局(学科直通:027-363-3555)までお問い合わせください。

学校生活の一日

1年次は、講義が中心で、午後からの登校になります。
2年次は、実習が中心で、朝から夕方まで病院で実習をします。

(例)病医院で働いている場合

1年生

6:00 起床・朝食
8:30 仕事(病医院)
12:30 昼食/学校への移動時間
13:15 登校(講義前にH・Rあり)
13:30 講義開始(専門的な講義や演習など)
16:40 講義終了(講義後にH・Rあり)
17:30 仕事
19:00 夕食
20:00 入浴/翌日の準備
23:00 就寝

2年生

6:00 起床・朝食
8:30 午前の実習開始
12:30 昼食
13:30 午後の実習開始
16:40 実習終了
17:30 仕事
19:00 夕食
20:00 入浴/翌日の準備
23:00 就寝


実習先

第一病院・真木病院・黒沢病院・駒井病院・日高リハビリテーション病院など

卒業生の進路紹介

准看護師試験合格率(資格取得状況)

平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度
100% 100% 97.6% 98.6% 96.1%

進学率

平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度
54.1% 56.8% 50% 50.7% 58.4%

就職率(進学者を除く)

平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度
43.5% 35.8% 40.2% 41.1% 35.1%

就職機関

主に高崎市内の病医院・介護施設等に就職できます。
求人については、合格通知とともに案内します。その他、ハローワークでも対応しています。

主な就職機関(平成30年度実績)

  • 第一病院
  • 日高病院
  • 日高リハビリテーション病院
  • 綿貫病院
  • 希望館病院
  • 真木病院
  • 関越中央病院
  • 昭和病院
  • 井上病院
  • 黒沢病院
  • 中央群馬脳神経外科病院
  • 佐藤病院
  • サンピエール病院
  • 駒井病院
  • 上大類病院
  • 榛名荘病院

先輩からのメッセージ

准看・先輩からのメッセージ2019
佐藤さん・松本さん・広瀬さん

:佐藤愛勇深(あゆみ)さん
(38歳 群馬大学医学部附属病院勤務)

:松本宏美さん
(38歳 県立心臓血管センター勤務)

:広瀬唯さん
(29歳 在学中は産婦人科病院勤務、その後一般病院に勤め、現在育休中)

今、何をしている?
群大病院1年目からオペ室に配属され5年間、急性期の患者さんを担当。2年前から産休・育休をとり、来年4月に復帰予定です。
主に集中治療室で、救急車やドクターヘリで搬送されてきた人や手術後の方など急性期患者の対応をしています。責任はかなり重く、辛いこともたくさんありますが、周りの看護師さんに支えられて働けていることに幸せを感じます。
卒業後、高崎市内の病院に就職し、産休・育休明けに病院と相談して退職。現在は子育てに専念しています。
この学校に入った理由は?
進路が漠然としていた高校生のころ、この学校の卒業生で看護師だった母に勧められて。学生寮のある市内の産婦人科佐藤病院で働きながら学校に通いました。
短大卒業後、社会人として働いていましたが、祖母の見取りをきっかけに、看護師になろうと決意。働きながら勉強できる学校があると母に教えてもらい、27歳の時こちらに入学しました。
私も元社会人。介護職に就いていたのですが、医療の現場に近い所に居ながらできることが限られていたので看護師を目指しました。経済面からも働きながら勉強したかったのでこの道を選びました。
入学してどうでしたか?
病院に所属して社員として働きながら学べることが最大の魅力。学校と病院それぞれで習ったことが結びつく瞬間があります。レポートを書いてテキストを読んで、実践で覚える。インプット・アウトプットの繰り返しで身についていくことを常に実感しながら生活していましたね。
准看1年次は授業、2年次は実習。高看に進むと1、2年次が授業、3年次が臨床メインになります。いつも友達に支えてもらった。みんながいたから頑張れたし、卒業できたんだなあとつくづく思います。
先生との関係は?
専任の先生との距離は近かったので、いろいろ相談できました。生徒一人一人の長所短所を個々でしっかりみてくれました。
職場で落ち込むことがあっても学校に行けば同志や先生がいる。特に先生はオアシスのような存在でした(笑)。一緒に考えてくれたり、相談に乗ってくれたり心強かったです。また、同じ教室に新卒の子、社会人を一度経験している子、家庭をもっている方など、18歳から50代まで色々。生徒の境遇や年齢に応じた接し方をしてくれました。
この学校だからこそ得られたことは?
社会人経験のあるお姉さま方(笑)がいてくれたおかげで、礼儀や人としての常識などもこの時に身に付いたと思っています。
現場の実践があるから学校も頑張って通えました。現役の看護師さんからも学ぶことも多く、働く姿が間近で見られるので、実際に働き始めた時の差がない。座学だけ学校より得られるものが確実に大きいと思います。
辛さを分かち合い、切磋琢磨し合った仲間。一生ものです!
これから入学を考えている方へ
始めから正看の資格を狙う人もいますが、准看から段階を踏んで勉強したい人には最適。働きながらお給料ももらえるし、2年で卒業なので、28歳で入学しても30歳前には資格が取れる。そこからまたやる気があれば正看を目指せます。看護の道を考えている方は是非、一度オープンキャンパスへ足を運んでみてください。

お問い合わせ

准看護学科 直通電話番号

0273633555

受付時間 9:30~17:30